当ステーションについて

【いちご】に込めた想い

「いちご」に込めた想い『いちご訪問介護ステーション』の『いちご』の名称は、
“一期一会”が由来です。
“一期一会”では名称が長くなるためこれを短縮し、
サービスを身近に、かつ親しみを感じていただくため、
『いちご』と果物の『苺』をかけて、
サービスロゴ(キャラクター)を『苺』にしました。
これに伴い、『いちご』に込めた想いは
“一期一会”の想いと同じです。

お客さまの幸せや喜びにつながる、質の高いサービスを
信頼関係に基づき、継続的に提供をしていくことを
すべての従業員が目指しています。

一期一会

茶道に由来することわざ。
『あなたとこうして出会っているこの時間は、二度と巡っては来ない
たった一度きりのものです。
だからこの一瞬を大切に思い、今出来る最高のおもてなしをしましょう』
と言う意味であり、千利休の茶道の筆頭の心得。
平たく言えば、これからも何度でも会うことはあるだろうが、
もしかしたら二度とは会えないかもしれないという覚悟で人には接しなさい、
ということになります。

サービス対象エリア

いちご
対象地域:東京都江東区及び墨田区一部地域(南部に限る)
営業時間:9:00~18:00 ※ケアプランにより、時間外の訪問も可能です